平日選挙について。

平日投票について。私はこれ自体の是非は語りません。海外でもあるそうですので、しかし海外の対応については語る必要があります。組織票や死に票問題についたは語らずに闇雲に考えない層の獲得に走る前例がありますし、「極寒」や「猛暑」に設定し組織票以外の低下狙ったという前例もありますので、これについてもきちんとした議論が必要だと思います。海外事例ですが、朝7時から夜10時までと就業や学校を考慮した時間設定となっています。もし平日投票にするのであれば配慮が必要でしょう。また、投票日は1時間の投票時間を会社義業、学校に義務付ける必要があるでしょう。これも産休や育児休と同じレベルの民主主義にとって根幹となる部分です。こちらには触れないのであれば不自然です。また、メディアはいつものように「平日投票したが投票率80%と問題ない」などご都合的な内容を持ってきます。地方では30%以下は当たり前の腐敗状況です。これも有権者1万人ほどにランダムで調査するべきです。「誰に投票したか」ではなく「投票したか」だけで良いです。この結果が投票率とあまりにも乖離していれば異常事態と言えます。また投票場所の多様化であれば、投票箱に候補者全員(任意ですが)のサインが入ったシーリングをするべきです。簡単な錠前などはガギ屋技術があればいくらつけようとも簡単に開きます。期日前投票の増加は管理し難い問題でもあります。

 

(関連リンク)

 

選挙と広宣流布は関係がありません。その結果若者たちの未来も犠牲にされています。#選挙 #広宣流布
http://victim084.seesaa.net/article/victim084_2017080802.html
http://victim084.jugem.jp/?day=20170808

 

公○党の支持率がそれほど高くないにも関わらず、議席数占有率が多いマジックについて。 #組織票 #民主主義
http://victim084.seesaa.net/article/victim084_2017060917.html
http://victim084.jugem.jp/?page=11&month=201706

 

 

 

 

各ブログ内の目次リンクページです。
http://victim084.seesaa.net/article/victim084_links.html (SeeSaa)
http://victim084.jugem.jp/?day=20170528(JUGEM)
http://victim084.hatenablog.com/entry/2017/06/04/170509 (はてな)
http://blog.livedoor.jp/victim084/archives/17627365.html(ライブドア)
http://ameblo.jp/victim084/entry-12278295700.html (アメーバ)

 

 

 

※これはあくまで何かが起こったときの保険です。覚えて置いて貰うだけで、何もない間は取り立てて取扱いは必要ありません。ただ、覚えて置いてください。よろしくお願いいたします。保険というのは万が一何か起こったときのために残しておくものです。それ以上でも以下でもありません。あくまで万が一のためです。
現在、あらゆる仄めかしで創価sgiから「命を狙われる」脅迫を受けています。このことはリアル、ネット、メディアを問わず同じ内容ですので、彼らの仕業だと断定しています。このことだけは強調しておきます。理由は私の文章に全て目を通して考えてください。
広島県福山市 平こうじ(これに近い名前です。)2017年現在44歳です。念のために記述しておきます。創価関連の配信者などに暗殺脅迫を受けています。
私には騒いで保険をかけることしかできませんので、念のために最近の仄めかしを書いて起きます。一般の方には関係ありません。犯人側との記録です。「合流」「参加」「家」「突撃」など。広島県福山市平こうじ44です。この地域での類似の事件があり、私の活動が急に無くなったりすると「創価」関連だと思っておいてください。
木造の古い家ですので押し入る可能性や放火、将来的に通院だけは外出しなくてはならなくなるのでその時に襲うケースが考えられます。創○学会を扱ってこういったことが起こることは確率的に問題があります。朝木市議の件もありますので仄めかしで
(それらの内容で)脅迫され続けている以上は知っておいて貰う必要がありました。普段はスルーしてください。もし広島県福山市で私の名前で事件が起こり、また音信不通やキチガイ活動に変わった場合は工作があったものと伝えていただければ有り難いです。
現在人生を完全に潰された被害者はこの位の覚悟で行動していると言うことを知ってください。祖母のカタキでもあります。