集スト関連でなぜかダイエットの話。

(20171001追加)

 

(追加)
前○健氏と飯野○治氏は明らかに不審死ですし、その引き合いのリストにある「高峰三枝子71(歳脳梗)」と「糖質制限ダイエット提唱者アトキンス72歳(転倒死)」は死因的にも年齢的にも明らかに因果関係がありません。こうやって無理からな風潮にすること自体が何かしらの裏を感じます。
その一報で、極度の肥満による死亡者や糖尿病患者の酷い合併症患者の人数の方が遥かに多く、その影響は確率統計的にも上だということには言及しません。

 

(前)

飯野○治氏と前○健氏の件で「糖質制限ダイエット」というものを知りましたが、この二人は不審死で関係がありません。また、このダイエットで関係のない人間(年齢と死因)までが、数人の方ですが、無理からに引用されて含まれていますので、何か無理からな誘導を感じました。何事も両極端な意見は注意した方が良いかと思います。糖質制限ダイエットも良く分からないので否定も肯定もしませんが、実際に過度な肥満による犠牲者や糖尿病による合併症の酷さの方が、遥かに数も多く酷い状況のようです。全ての情報をもとにそれぞれが考える必要があると思います。

 

ダイエットについて、私の独断と偏見の一言。


まず18歳20歳までは、ダイエットの必要はありません。(医者が生命の危機的に勧めるもの以外)
この時期は発達段階であり、必須栄養素のコンスタントな摂取が必要不可欠です。
この時期のダイエットは、内臓や骨格の発達が遅れ、脳の発達にも支障があるようです。女性だと出産に必要な骨盤の発達や生理不順にも関わっているようです。
発達段階における未成熟の影響はその後に取り戻すことが出来ずに、一生に渡って影響してくるものです。
発達段階までの小太りは、成人してからのダイエットで取り戻せますが、逆の未発達はもうどうやっても取り戻せません。発達がきちんとしている人はダイエットすると見違えたプロポーションになりますが、逆は太っても戻りません。
若い子に多いようですが、お菓子は食べるが、その分を食事制限で取り戻すような人がいます。これは最悪のケースです。

 

20歳の成長期が終わった後のダイエットについて。


好きなだけしても良いです。個人の自由意志です。
ただし、物事は合理的に適切に考える必要もあると思います。基本としては急激なダイエットはどちらにしても危険なのではないかとも思います。数年掛けて長い目で行うのが良いかとも思います。

カロリーは制限するというよりは、「性別と年齢、身長」から本来あるべき量に戻すことです。必須栄養素はコンスタントに摂取することが大事です。脂質も同じようにするべきです。これも朝昼晩と三食きちんと習慣付けて血糖値の変化をなだらかにすることも空腹を抑える工夫。
それ以外の空腹に関しては「海藻類、野菜、キノコ類」などで補うために美味しく調理する方法をサポートすることです。
筋肉を付けると運動しない間も基礎代謝でエネルギーを使ってくれます。タンパク質も過剰摂取は腎臓に影響があるなど問題もありますが、少なすぎても問題です。タンパク質は筋肉だけでなく、生命活動の根幹である酵素反応でも使用されます。少し多めくらいが良いかと思います。そして夏は暑いですが、筋肉を付けることが大事だと思います。逆に冬場は熱量が凄くて暖かいですし、少しくらい甘いものを摂っても太りません。筋肉質は燃焼し易いようです。
運動は必要ですが、極端に過剰な運動は却って心臓に負担が多く、「ウオーキングやサイクリング、軽い水泳」などをコンスタントに行うこと。これも「読書や外国語カセット視聴など」をしながらサイクリングマシンを使うなどの、「ながら」をすると、大脳に使うエネルギーと併せて有効かと思います。大脳は単位面積ではエネルギー使用量が大きい分野です。
食事は良く噛んでゆっくりと食べることが大事だと思います。良く噛むことで大脳は満足感が得られ、ゆっくりと食べることで胃に大量に詰め込む前に血糖値が上がり、必要以上に食べなくて済みます。
あと、スイーツは甘さを控えて、素材の味を引き立たせたものが美味しいですし、飲み物もお茶類が味を引き立たせます。複数の素材を使った漢方薬のようなお茶もお勧めします。天然水やお茶の方がその後に喉が乾きません。
あと自分の経験則で、小腸などからの吸収量を抑える働きのあるものも確認していますが、これは個人差もあるだろうし、功罪や手順が難しく、確証がないので割愛します。


ちなみに、私は肥満ではないのでダイエットはしていませんが。。。

 


(旧分)

『下記を書いた直後に起こりました。殆どの不具合がそういったタイミングです。確率統計的に言っても自然発生的には起こり得ないほどの確率です。
私は正直糖質制限には興味はありません。ダイエットは運動が一番ですが、この国は異常に痩せた人が多く、ダイエットも作為的なブームの部分も大きいと思われます。体が成長する18歳20歳くらいまでは医者に止められるもの以外はダイエットは必要ありません。この時期のダイエットは内臓や骨格の発達が遅れ、脳の発達にも支障があるようです。女性だと出産に必要な骨盤の発達や生理不順にも関わっているようです。ちなみに私は、ダイエットするなら20歳を超えて好きなだけやってください派です。しかし、必須栄養素は全てきちんと摂取して、運動などで燃焼しなければバランスを壊します意見です。

1,飯野○治氏の死亡。42歳で9時42分に死亡。これで私の他の記録を読めば理解できます。実は2月20日にも意味がありますがここは触れません。前田健氏は以前に仄めかし直後に不審死したことは告知しています。これらの死と炭水化物ダイエットを
2,無理からに結びつけていることが不審に思っています。これもカルトの方向性なのでしょうか。この二人は明らかに不審死です。私の仄めかしに関わっていました。芸能界には集ストほのめかしに関わる人間も多いですが実は不審死も多いようです。
3,ついでに、飯野氏に関しては2009年にすでに痩せており、死亡まで3〜4年経過しています。周囲の話では一度病気を患い、それからはベジタリアンやタバコを制限するウォーキングなどを行っており因果関係はかなり低いと思います。

 

(上記の件での妨害の証拠画像です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

各ブログ内の目次リンクページです。
http://victim084.seesaa.net/article/victim084_links.html (SeeSaa)
http://victim084.jugem.jp/?day=20170528(JUGEM)
http://victim084.hatenablog.com/entry/2017/06/04/170509 (はてな)
http://blog.livedoor.jp/victim084/archives/17627365.html(ライブドア)
http://ameblo.jp/victim084/entry-12278295700.html (アメーバ)