集団的ストーカー現象について。工作員による揉み消し行動が多発しています。

(20170303)
「集団ストーカー現象」に関しては、残念なことですが、この犯罪を行っている組織団体によって隠蔽工作が行われていることを確認しています。彼らの手口としては、被害者を装っての内部から工作を行う方法を行っているようです。情報隠ぺいや言論妨害の工作としては常套手段の方法です。彼らに都合の悪い情報を拡散している人たちを貶めるのはどうするでしょうか。自分がその被害者を装って嘘偽りを述べて信頼性や信憑性を落とすことです。こういった妨害工作は歴史を紐解けば多数でてくるでしょう。この「集団ストーカー現象」に対しても同じような工作が行われています。彼らは対の工作として「統合失調症ですね」とマッチポンプを繰り返します。これを見た一般国民は「集団ストーカー」=「統合失調」と刷り込まれる構造となります。こういった掛け合いはネット上で多く見られると思います。同じパターンの繰り返しです。彼ら工作員は得てして「キチガイな話」ばかりで、私が一部紹介しているような「本当の話」はしません。どうか工作員のパターンを見極めて、本当の被害者の声に耳を傾けてください。本当の被害者の方も多く存在しています。本当の被害者は想像を絶する被害を受けて今でも苦しんでいます。どうかお願いします。この案件は「集団ストーカー現象」に留まらず、それを遥かに超えて、「故意の事件事故による国民暗殺マッチポンプ」などまでに広く展開していきます。多くの国民が殺され、犠牲になっています。他人事や対岸の火事ではありません。国民の知らないところで日本が大変な自体に陥っていることが分かって来ています。
ストーカー現象というものが「都市伝説化」もしくは「統合失調扱い」されているのも現状としてあります。これらの行為は、彼らの目論見どおりで、「集団ストーカーと言っている人間は統合失調だ」との認識を世間に広めて本質を見失わせるものです。隠蔽が目的です。ちなみに、「統合失調」は「精神分裂」の改名ですが、なぜこのような名前に変更されたのでしょうか。「精神分裂」と言うよりは、「統合失調」と言った方が世間一般に曖昧に浸透するからです。実際に「統合失調」は、イメージ的にも「精神分裂」というよりは容易に使用できるようです。不明瞭な意味合いで対応範囲が広がっています。カルトセクト指定されるような体制側が都合の悪い人間は容易に「統合失調」と言えるようになったわけです。ちなみに、私は「集団ストーカー現象」の被害者ですが、私は精神分裂症患者に見えるでしょうか。この統合失調は実は明確な判断基準もなく曖昧で、医者がさじ加減で勝手に決められる適当な病名になっています。医療にはCTから血液検査、体に現れる明確な症状など検査方法が確立していますが、これには明確な検査方法もありません。こういったものがよく言論封殺の手段として利用されています。私の書いたPDFやPDF画像などを読んで貰えれば理解できると思いますが、実際に故意によるヤラセの事件事故が多発していますが、これを普通の事件事故と平気で言いのける既存メディアの方が統合失調の妄想と言える状況です。なぜ真実を伝えない。オカシイことはオカシイと言えないのでしょうか。
#集団ストーカー #集スト #統合失調 #言論封殺 #言論妨害 #宗教 #カルト #統合失調 #精神分裂 

 

 

「集団的ストーカー現象」について、被害者を装った工作が横行しているようです。彼らの特徴は、具体性がない話か、明らかに自分がキチガイの行動や話ばかりするという点です。ちなみに私の活動している文章とどう違うかを考えてください。彼らの話には私のように明らかな話が殆どありません。
兎に角、集団ストーカーの被害者と偽って、荒唐無稽な話ばかりやキチガイの行動ばかりをします。何故でしょうか。集団ストーカーと言う人間、これを訴える人間を全て「キチガイ」にして、この事実を都市伝説として葬り去りたいからです。逆に言うと彼らの存在自体が、「集団的ストーカー現象」というものを怖がっている、つまり存在していると証明しているようなものです。
現在、彼らの利権のために他の宗教が弾圧されたり、一般国民が排斥され、更にはマッチポンプ目的などで多くの国民が実際に殺されています。都合の悪い人間を「パラノイア」や「統合失調」などにするのは犯罪的な体制権力者側の常套手段だということを良く理解してください。恐怖政治で国民を奴隷化することもその一つです。日本は本当に民主主義ではなくなりつつあります。よく本質を考えてください。
ハッキリと言います、本当の被害者であれば、「具体的な事実を全て扱い」「論理的で分かり易い」訴えを頑張って続けていくでしょう。そのことをチキンと分類して考えてください。まっとうな被害者には節度と人間性があります。
もう一つ、工作員はカメラで撮影することが悪いことであるという風潮を作り出そうとしているものが目立ちます。防犯カメラやドライビングレコーダーがあるように犯罪抑止や証拠保全のための行動に問題はありませんが、これを公開するときにはモザイクを入れてください。ここが本当の被害者と違う部分です。証拠はきちんと録画してください。しかし、それが本当に必要な部分なのか、第三者に理解できる部分なのかをよく考えることは本当の被害者の資質です。また大きなカメラでアカラサマに人物を拡大して取り続けない。できれば分かりにくいカメラを使用してください。ニセの被害者がそういった風潮作りに力を入れている、マッチポンプで貶めようと画策している以上は、本当に集団的ストーカー現象について訴えたいのであれば、この当たりの考え方についてはきちんと考えていく義務があります。
ツイッター:hk1303 hk1305hk hk1312hk LINEとフェイスブック:平こうじ 
#集団ストーカー #集スト

 

たとえば最近、動画サイトで発見しましたが、「aiueo700」という名前の人物は間違いなく「集団ストーカー被害者」を装うカルト信者だと思います。確実にオカシナ行動を取り被害者を貶めるだけでなく、本当の被害者の証拠動画に対する恐怖植え付け行動をしています。本当の被害者はアカラサマに深夜に外に出て音楽を聞いたり、ツバを吐きかけたりする行動を動画でアップなどはしません。自分からキチガイを演じています。論理的に考えてください。更に言うと、あいうえおとツバは仄めかしです。#集団ストーカー #集スト

あと仄めかしについても工作員が多いようです。私の示している証拠のように彼らはほぼ直球できます。なので、HPや動画サイトにあるような抽象的で回りくどい妄想的な内容は殆どが工作員による「集団ストーカーは妄想」説を広げる偽物の被害者がほとんどと言えます。本当の被害者であるのなら、せめて私ぐらいのものは証拠保全してください。また、明らかに集団ストーカー関連のものは扱うのが普通だと思います。まったく根拠も具体性もない妄想的な話ばかりの被害車は気を付けた方が良いと思います。#集団ストーカー #集スト #仄めかし